社員研修は外部に委託した方がいいのか?

社内業務の研修は社員でも構わない

社内業務について社員研修をおこなう場合には、講師としてはその業務に精通している人がおこなうのが一番です。今後の業務をおこなう上で必要な内容であるために参加社員は真剣に聞いて質問することが予想されます。それでは中堅社員研修や管理職研修のような、社員をどのようなマネジメントをすればいいのか、どのように育てていけばいいのかといった、抽象的なことであり、また重要なことについての社員研修も、会社の人事担当にさせた方がいいのか迷うこともあります。
しかし社内の人がそこで云々行ったとしても、日常一緒に仕事をしていて人事担当にも文句があったり感情的な思いもあってきちんと来てくれない可能性もあります。講義する内容のプロであるとか、バックボーンが必要になります。

階層別研修では外部講師

このような場合の社員研修は外部講師を招いて講義をしてもらった方が参加する社員が真剣に聞いてくれます。やはりその道のプロの人であり、しかも外部の人に対しては、社員としては距離を感じますし、またその講師自身がどのような人かわからないのです。先入観なく参加させることができるので外部講師の方が社員の真剣度合いが違います。
講義が終了した時点で、この講師に対しての評価は分かれるところですが、社員に真剣に受講をさせることを考えれば外部委託した方がメリットは多いです。その外部講師が有名な人で、本を出版していたりマスメディアに露出していれば、受講前の社員の期待度が更に高まります。その道のプロに対しては敬意を表する人が多いです。