社員研修で学んだ一番大切なコト

社員研修は実施すれば終わりではない

それぞれの社員が能力を発揮することによって会社は売上を伸ばし、利益を出すことができます。社員が能力アップを図る上での方法として効果的なのは様々な仕事に取り組むことです。
やはり、実務は何よりも貴重な経験となるため、社員が成長するための機会を与えることは非常に重要と言えるでしょう。実務以外で成長可能な機会となるのが社員研修です。全ての社員が参加する場合や一部の社員が参加する場合など、状況に合わせて参加させる人数や内容を検討する必要があります。また、社員研修は実施すればそれで終わりではありません。
研修にて何を学んだのかを知ることが重要です。そのため、研修を終える前に社内研修で学んだ大切なことについてアンケートを実施すれば、参加者の感想や考え方がわかります。

参加者の仕事の変化を見る

社内研修に参加すれば知識や技術を身に付けられるため、これまで以上の仕事をすることができるようになります。しかし、全ての参加者が社内研修で学んだことを仕事で活かせているかどうかは仕事の変化を見るしかありません。
売上や利益アップ、新商品やサービスの開発、顧客から評判が多くなるといった変化があれば実施したことによる成果の可能性だとわかりますが、社員それぞれの仕事の変化も見る必要があるでしょう。なかなか変化が見られない場合は、社内研修で学んだ最も大切なことを理解できていない可能性があります。
このままでは社内研修に参加した意味が薄れてしまいます。変化が見られないのであれば、もう一度社内研修へ参加させる方法が有効です。